株式会社リトピュア 矢島久美子 様

”やりたいことを選べる環境とやりたことを見つけた時に行動できる土台を作る”

リトピュア取材_1

今回は日本全国に、リトミックを使った乳幼児教室を展開している、株式会社リトピュア 代表取締役 矢島久美子様のインタビューに行って参りました。

乳幼児教室の他にも子育てや女性の社会復帰などの支援や講演をされています。

女性目線での事業や、時代のニーズにあった事業展開などの他に矢島様の考えや想いなど多くのことをお伺いしてきました。 

取材当日は、「リトピュア目黒品川教室」へお邪魔してベビークラスの見学をさせていただき、実際のリトピュア式教育レッスンも体感して参りました。

リトピュアを始めたきっかけは?

娘が生まれて子育てしていく中、乳幼児の「能力」「感性」の発達に関心を持つようになり、親子で習い事に通うようになりました。その頃、ちょうど引っ越した子育て世代の多い郊外のマンションで、もともと音楽の仕事をしていたこともあったり、ママ友の勧めもあったりして、リトミック教室をはじめたのがきっかけです。

住んでいたマンションのコミュニティルームで始めました。丁度娘と同い歳くらいのお子さんのご家庭が多く、マンションに住んでいる方々に結構参加していただけていましたね。そこから拡がっていったんです。

今までで大変だったことはどのようなことでしょうか

やはり、継続してカリキュラムを作ることでしたね。

初めはわからないことも多かったので、リトミックの講習を受けたり、教本等で学んだりして作っていたんですが、楽しくて成果の出るレッスンにするのは難しかったです。そのうち、究極の楽しさは「リズム」ではないか、リズムが「人の行動心理」を誘導できるのでは、と感じてきました。

 

でも、そのリズム感をピアノ伴奏で引出すのは難しく、それに即興演奏の技術のあるピアノの先生の確保も困難という状況もありました。

そこで、リズム感のある音楽をつくること、あらかじめレッスンカリキュラム40分間を子どもの行動を想定して作っておくノンストップレッスン音源、を研究して編み出しました。

 

子どもは飽きずにカリキュラムに集中できるし、また、先生も子どもの動きや声掛けに集中できるし、結果として成果も上がり、お客様の満足度も上がりました。 

 

今でも毎月のカリキュラム作りは大変ですが、ママパパからも楽しいとご好評いただけていて嬉しいです。

 
リトピュア取材_2

お子様が小さい頃から始められているため両立も大変だったのでは・・

今は、「女性起業家」といわれる方が多くなっていますが、昔は、特に起業した、という感覚はなかったですね^^

今できるやりたいことをしていた、という感じです。

最初は少ない時間から、徐々に仕事時間を増やしていって・・・今に至っている感じです。

始めた時は娘も小さかったので、自分自身が安心して預けることができる場所を確保しないと、ということは重要でした。信頼できる家庭保育をやっていらっしゃる方に出会うことができ恵まれていました。

 (これを読んでいる皆さまが)起業しようかどうか迷っているなら、3年くらいの計画を立てて、今何ができるのか見つけて、それを少しずつでも行動してみるのがいいと思います。

常に自分の未来を考えて、「やりがい」を諦めないで今できることをすることで、キャリアを築いていけますよ。

「ひとつも無駄なことはない」と考えて、未来の自分をイメージして進んでほしいですね。

 

実際、自分はそう計画的でもなかったので、未来を迷っている人には目標を持って、一つずつ今を楽しむことをお勧めします(笑)

家庭での反対などはなかったのですか?

私自身は特になかったですね。

 

実際にやりたいと思ったら、やりたいことに対してどのくらい本気なのか、その本気度をどこまで家族始め関係者に伝えられるかが大事だと思います。

それが伝われば、家族は応援してくれると思います。逆に、伝えられないときは、心のどこかで反対してくれたら…という、まだ前に進む決心ができていない自分がいるのかもしれませんね。いろいろな方のご相談を受けお話を聞いていると、そう思います。

 決心して「熱意」を持って動いてみると、様々な良い出会いがあり、いいことが起こるようになりました。  「引き寄せる」って確かにあるんだな、って思いますね。

なぜ3歳までなのでしょうか?

脳科学的にも3歳までに人間の脳の80%は出来上がると言われています。

3歳までになるべく多くの刺激を与えて土台をつくってあげることは大切ですね。

 そして、その後も子どもにはなるべく多くの体験をさせ、将来の選択肢を増やしておいてあげたいと思うんです。

音楽の道に進みたかったり、サッカー選手になりたかったり、いつかやりたいことが見つかるときがきますよね。そのときに、その選択肢を叶えられる土台、たとえばリズム感だったり、集中力だったり、いろいろだと思いますが、そういった基礎が備わっていたら望む道が早く叶う可能性が大きくなります。

でも、土台がないと苦労してしまいますよね。体験が少なかったりすると、やりたいことを見つけられなかったりもします。 

リトピュアでは、3歳までの親子レッスンで、たくさんの楽しい経験をして、やりたいことを自分で見つけられる意欲や積極性も育んでいきたいと思っています。

やりたいことを見つけた時に、能力がなくてできないということがないように3歳までの教育の重要性を親御さんにもお伝えしています。


■リトピュアー3

リトピュアの教材はどのように作られているのでしょうか

リトピュアで使う音楽は全て私自身が監修しています。

 

実際に現場で使うものなので、「使った時にどうか」など現場の先生の意見を取り入れながらアレンジを考えていきます。アレンジで意識しているのは、ママパパ自身が心から楽しいと感じられるよう、大人に響くことを大事にしてつくっているんです。

 

親御さん自身が楽しかったら、子どもたちは楽しくなりますからね。

リトピュアに来て親子で楽しい時間を過ごすことで、心地よく過ごせる子育ての日常を作っていけると考えています。

 

音楽は、クラシックや日本わらべ歌、唱歌・童謡、J-POP、ディズニーなど、著作権に気を配りながら、様々なジャンルの曲を使っています。

季節感も大事にしているので、四季に合わせた楽曲も取り入れています。

 

全国の教室の講師の方々には、毎月20日に音源をお届けしているのですが、届くのが楽しみで、手元に届いた音源を開ける時は「まるで玉手箱を開けるよう」と言われる先生もいらっしゃいます^^

 

また、リトピュアにはキャラクターがいて、キャラクターの鳴き声や動きで拍を表しています。

女性がやりがいをもって働くために

やりがいを感じるって、どんなときかなと思うと、それは、「相手が満足してくれている」と、感じられたときではないかと思うんです。

 

リトピュアの仕事って、このやりがいを、ママパパからいただける嬉しい仕事だな、と感じることが多いです。

 

リトピュアでは、0歳からの親子を育む加盟教室として、「女性が働く」開業支援を行っています。

私自身が始めた当時は、リトミックをやりたいと思っていても、音楽を教えるので「ピアノが弾けない」「資格を持っていない」ということで、できないと考えていた方も多かったように思います。

しかし、リトピュアのカリキュラム音源を使うことで、ピアノを使わず、また、幼児の指導をしたことがなくても、開業スクールですべてを習得すれば、質の高いレッスンができるようになっています。

実際にリトピュアを卒業したお子さんのママが講師となるケースも増えているんですよ。教室に通ってくださるママが、お子さんの成果を得られることで、ママ自身が教室をやりたいと思ってくださるんです。

リトピュア教室専任の方も多いですが、お持ちのパラレルキャリアを使って併用される方もいらっしゃいます。

例えば、もともとピアノ教室の先生をやっている方が、リトピュアの先生としても活躍しています。

0歳から3歳までリトピュアの教室としてレッスンしていただき、その後、先生のピアノ教室へ受け継ぐというような新たなビジネスモデルも出来上がってきています。

リトピュアで「絶対音感」「絶対感性」「絶対拍」を身につけたお子さんたちは、集中力が抜群でしっかり集中してレッスンを受けてくれると評判です。

誰もが、「今よりもっと素敵なライフワークを見つけて生きていきたい」という気持を持っているのではないでしょうか。音楽と子どもに関わる仕事を、ゼロからでもできるので、家庭と両立しながらしてみたい、と思う方は、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

今後の展開

コロナにより昨年から、親子レッスンZoom教室、親子で学ぶ動画通信講座も始めたので、オンラインで繋がり、教室が遠い方や、外出は難しいと躊躇されている方もより受講しやすくなりました。開業講座もオンラインになり、世界中どこにいてもリトピュアスクールで学び教室開業できるというかたちに転換しました。

それにYoutubeも更新しているのでこちらも、今後も役立てていただけるように発信をしていきたいです。

 将来的には、0歳から3歳までの大切な乳幼児期に、リトピュア式を多くの親子さんが経験して、豊かな子育てをしていただけるように広げていきたいと思っています。 

「子どもが生まれたらリトピュア」の世界を作っていきたいです。

「インタビューを終えて」

今回は、インタビュー前にリトピュア様の実際のレッスンを見学させていただいたのですが、その際に「ママが楽しめる」ということを同じ空間で体感しました。また、矢島様もレッスン後に一人ひとりにお声かけされ、気づきをお伝えしてコミュニケーションを取られていたのが印象的でした。

インタビュー時は緊張していたのですが、「フランクな感じで」とお気遣いいただき、楽しいインタビューとなりました。ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

リトピュア取材_5
矢島久美子様

株式会社リトピュア
代表取締役 矢島久美子様

「生後2ヵ月からの親子音楽レッスン」の教室事業をはじめて25年。リズム感とエンターテイメント性あふれる独自の音楽により、非日常的なテーマパークのような音楽空間をつくり出す。0歳から能力を育み、子育てを豊かにする指導法を構築し、指導者育成にも力を入れる。「リトピュア式 加盟教室」開業を希望する人のために、指導法・教室経営法を伝授し運営のサポートをする。やりがいを持って働ける女性を増やす社会づくり、地方経済の活性化など、日本の未来のために事業を展開中。

株式会社リトピュアHP:http://rito-pure.com/
株式会社リトピュアYouTube:https://www.youtube.com/channel/UCiblTZFdwBrqoSb_PYl9hD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です